いつまでも元気でいたい岩元英隆

アクセスカウンタ

zoom RSS 都民には絶対知って欲しい奥多摩湖の実情!自然保護の大事さは身近な所からしっかりやりましょう!

<<   作成日時 : 2013/07/20 07:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日本百名山の登山も日帰りを基本に行い、車で行ける所は、どんな道でもチャレンジしました。そんな中で、思い出深い事例を紹介します。

 1回目は、雲取山への道で、大月市から国道139号の山越えで奥多摩に通じる道を紹介しました。2回目は金峰山(きんぽうさん:2,599m)への道で、山梨県と長野県の県境の大弛(おだるみ)峠でした。 3回目は、長野県の川上村に登山口がある甲武信ヶ岳(こぶしがたけ:2,475m)への道でした。 4回目は、国道352号沿いにある新潟の山2つ『越後駒ヶ岳(えちごこまがたけ:2,003m)』と『平ケ岳(ひらがたけ:2,141m)』に、さらに会津の山『会津駒ヶ岳(あいずこまがたけ:2,133m)』への道です。 5回目は、スマートに登山できる人気の高い那須岳(なすだけ:1,915m)への道です。 6回目は、女性にも人気の高い浅間山への道です。 今回は、1回目に紹介した雲取山への道の続きで、奥多摩湖に出る場所です。


 2009年10月21日、平塚から雲取山(くもとりやま:2,017m)へ行くには、 奥多摩湖からの登山口かさらに奥の三条の湯コースの登山口からです。 山梨側(大月市)国道139号から奥多摩湖に出ると、目の前に見えた光景はこれです! なんと言うことでしょう! 緑の池か!? アオコがびっしりと生えています! これが東京都への水道水の水源か!? なぜこうなるのか? 自然保護は出来ているのか? 最近渇水の報道がされています。貴重な水資源を守りたいですね!
画像


 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
都民には絶対知って欲しい奥多摩湖の実情!自然保護の大事さは身近な所からしっかりやりましょう! いつまでも元気でいたい岩元英隆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる