快適な睡眠の環境づくり~寝具について~【寝返り20回が楽に ♪ 】

睡眠中の熟睡度は、”ノンレム睡眠(脳が休止)が深く・長く続くこと” で決まります。

 睡眠は、ノンレム睡眠に始まり、レム睡眠(脳が覚醒=夢を見る)、ノンレム、レム・・・・と繰り返しながら、朝の目覚めを迎える。寝付きのノンレム睡眠が深く・長いほど快適な睡眠と言えます。

 そのためには、寝具の環境が大事です。

 寝返りが楽に自由に出来る環境です。 ”布団” ”枕” 選びのコツは、寝返りフリーです♪

 睡眠中の体は、同じ姿勢を保つことが出来ません。圧迫された箇所の血行不良が起こります。無意識に体は反応します。実に良く寝返りを打つのです。(ノンレム睡眠で脳は休止してますから、記憶してません)

 朝起きて、”首が痛い!寝違えたのかな?” ”顔の半分がむくんでいる” ”顔にシーツの跡が残っている”などの現象は、寝返り不十分ということです。

 ① 布団  重過ぎは寝返りが出来ない!体が反転出来ない! 軽すぎ・滑り過ぎは、体から外れていまい、体が冷える!

 ② 枕   高さ=個人ごとの適正な高さ 柔らかさ=寝返りフリーの適正を 長さ=寝返りで落ちない長さ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック