枕の高さについて「高過ぎ」も「低過ぎ」もダメです!【自分に合った適正な高さ】がポイント♪

自分に合った枕は、夜の睡眠を快適にします。 しかし首凝り・肩凝り・寝違え、また寝不足(夜中に目覚める)の原因にもなるのが枕です! 寝返りが楽に行える枕が良好ということです♪
昔から、枕が変わると寝付きが悪くなるというぐらいですから、大事ですね♪

 ① 枕の高さ
   横になって寝た状態で、顔が水平に真っ直ぐになるのが、適正な高さです♪

 ② 枕の長さ
   右に、左に寝返りをした時に、頭が枕から落ちないこと。転落は大変ですね。

 ③ 枕の中央のくぼみ具合
   枕の硬さも重要です。柔らかすぎは寝返りが打てないではダメです。
 

 ※私の枕は、ブラックに分かれていて、詰め物(細かいプラスチックのパイプ状の柔らかいもの)を調整することができます。枕選びの時に、店と相談して決めました。10年ぐらい前です。単身赴任先で新たに低反発の布団・枕を買ったのですが、敷布団は正解でしたが、枕は合いませんでした。昨年、単身赴任が終わり、元の枕で快適な睡眠となりました。 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック