アサギマダラ(浅葱斑)に出会う登山は楽しい♪

アサギマダラは、南の島から日本に渡ってくる超パワーの蝶々である!登山で良く出会う。専門的な解説は、ウィキペディア参照「アサギマダラの成虫は1年のうちに、日本本土と南西諸島・台湾の間を往復していることが知られている。ただし北上する個体と南下する個体は子孫の関係で、同じ個体が移動する渡り鳥の移動とは異なる。幼虫はガガイモ科のキジョラン、カモメヅル、イケマ、フヨウランなどを食草とし、卵も食草の上に産みつけられる。浅葱色(あさぎいろ、浅黄色とも)とは、ごく薄い藍色のことである。新選組が羽織等で使用。」
十里木高原から愛鷹山(あしたかやま)の最高峰の越前岳(えちぜんだけ;1,504m)に登った時に、出会ったアサギマダラです♪(2008年10月10日)
アザミの蜜を食べるアサギマダラ
画像

画像

十里木(じゅうりぎ)高原の登山口に群生するススキ♪
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック