春の女神ギフチョウ(岐阜蝶)を訪ねて、石砂山(いしざれやま;578m)へ

ギフチョウに会うには、意識的に季節を選び、幸運を祈らなければなりません!場所も、神奈川県では藤野町(ふじのまち)の石砂山(いしざれやま)周辺でしか会えません!2008年4月12日に行って会いました♪国道413号線の旧道道志みちバス停伏馬田入口付近に車を止めて青野原から登山しました。
 ギフチョウの発生時期は、3月下旬から4月下旬で、早春のカタクリやすみれ、桜などで吸蜜し、短い一生を終える。昭和3、40年代は丹沢周辺の至るところで見られたという。しかし、今では、神奈川県で唯一残る自然発生場所は、藤野町(ふじのまち)にある石砂山(いしざれやま)周辺のみである。日本における東限が、この石砂山。本州の秋田県南部から山口県中部にいたる26都府県(東京都・和歌山県では絶滅)に分布する。ギフチョウの名は、1883年(明治16年)4月24日、名和靖によって岐阜県郡上郡祖師野村(現下呂市)で採集されたことに由来する。
カンアオイは、ギフチョウに欠かせない植物。年間を通して葉をつけていますが、早春、ギフチョウが現れる頃に新しい葉を出します。その新しい葉にギフチョウは卵を生み、生まれてくる幼虫はカンアオイの葉を食べて成長します。石砂山登山道では、カンアオイは見ることが出来ませんでした(残念)
石砂山(いしざれやま)山頂で出会った唯一のギフチョウ【春の女神でした】瞬く間に飛んで行きました♪
画像

参考までに、カンアオイを紹介します。

【6か月枯れ保証】【下草】カンアオイ 10.5cmポット 【あす楽対応】
トオヤマグリーン
【カンアオイ】学名:Asarum nipponicumウマノスズクサ科カンアオイ属多年草【商品説明】


楽天市場 by 【6か月枯れ保証】【下草】カンアオイ 10.5cmポット 【あす楽対応】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック