冬の大山(1,252m)登山、雪・氷の造形美に視界も良好♪遠くは筑波山が見える♪

大山(おおやま:1,252m)は、丹沢山系の前衛としてそびえる。富士山のような三角形の美しい山容から、古くから庶民の山岳信仰の対象とされた(大山信仰)。信仰登山は江戸時代から行われ、大山講と呼ばれた各地から通じる道は「大山道」と呼ばれた。この名は現在の国道246号の別称「大山街道」などとして残っている。山頂に阿夫利神社本社、中腹に阿夫利神社下社、大山寺が建っている。大山は別名を「阿夫利(あふり)山」、「雨降(あふ)り山」ともいい、農耕民にとっては大山および阿夫利神社は雨乞いの神として信仰を集めた
2009年1月10日、頂上付近は積雪で自然の造形美を楽しみました。空気も澄んで視界も良好でした♪
先ずは、頂上では木々が雪と氷の造形美です♪
画像

富士山の眺望と丹沢山系の雪景色♪
画像

山頂から伊勢原・平塚の市街地の光景♪手前の枯葉にも氷♪
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック