登山の筋肉は、ランニングの筋肉と違っていた! 見直そう鍛え方!

今季初の登山。4月27日・28日の「阿蘇山、久住山、祖母山」の登山で、足腰は、痛い所だらけ!!!の筋肉痛。昨年10月9日飯豊山(いいでやま)登山を最後に、シーズンオフ。その後毎日20kmラン目標で、マラソン大会参加と今季の登山に備えてきた。また、筋トレもしっかりこなしながら体力も付けてきた。自信満々で臨んだ今季初の登山であったが、計画達成はしたものの 残ったのは、足腰の筋肉痛!!! 昨年のシーズンイン時の記録が無いので、筋肉痛の情報もなく、どうであったのか!? 私の登山スタイルは、登りも下りも休憩無しの全力走(ゼイゼイ、ハァ~ハァ~の乳酸閾値限界の体力走、下りでは小走り) 今回の登山も同様のタイムで達成♪ 今回の教訓を来季以降にも活かしていきたい♪ 今回の登山本番が筋トレと思えば日程の組み方に活かせますね♪

ゴロゴロ岩場歩きの久住山の山頂付近strong>
画像


登山で筋肉痛の出た箇所

 ① 下腿の前脛骨筋(ぜんけいこつきん)の筋肉痛が激しい!!!
   「弁慶の泣き所」に位置する筋肉で、足を反り返らせる役割。下りの坂道で、足先を地面に密着させ滑り防止を図りながら、急ぎ足で下るのに、この筋肉を使う。通常、下りでも汗をかくくらいのスピードで下っています♪

 ② 大臀筋の筋肉痛も次にひどい!!
   段差の昇降で使う筋肉。平地ではあまり使わない!山登りでは、登りで必須!また段差だらけの岩場の走行など意外とこの筋肉を使っているのですね!

 ③ 大腿四頭筋(だいたいしとうきん)も膝側が少し筋肉痛!
   膝関節の伸展に使う。①の下腿の前脛骨筋(ぜんけいこつきん)と共に、下り坂で体を受け止めるために積極的に使う。俗に「膝が笑う」という表現のある通り、この大腿四頭筋が疲労するとガクッと膝崩れする! 


   

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック