朝霧の蓼科山(たてしなやま) 神にも将軍にも女神にも見放された2時間の出来事でした(笑)

蓼科山(たてしなやま;2,530m)は八ヶ岳連峰の北端に位置して、円錐形の美しい特徴ある山容は周囲どこからでも判別出来る。諏訪富士(すわふじ)とも呼ばれる。蓼科スカイラインで7合目登山口まで車で行けます。登山口は蓼科神社の鳥居が登山口です。私は、2010年9月12日 早朝6時過ぎに登山口を出発して、将軍平を経由して、蓼科神社のある山頂まで行きました。登り1時間強 下り1時間弱 11,136歩の2時間の出来事
途中から降りだした雨、女神湖も霞んで見え、将軍平の小屋も休憩なしで、山頂へ直行。山頂は雨は降って無かったが濃霧で視界ゼロ!!!状態、蓼科神社へのお参りも忘れるパニック!?山頂にある見取り図も写真は撮りながらも 現実の位置関係はご覧の通りの岩場で非常に危険で歩かなかった!!
画像

帰りに白樺湖に行き、蓼科山を振り返り見ると、濃霧了解の光景ですね♪
画像

佐久ICに入る前に撮った蓼科山の光景(10時)です♪ 濃霧解消でした! 神にも将軍にも女神にも見放された山行でした(笑) 蓼科山の美しい山容が良く分かりますね♪
画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック