南アルプス山頂で生き抜いている松のオブジェをご覧ください♪ 鳳凰山のオベリスク、甲斐駒ケ岳も従えて♪

南アルプスの鳳凰山(ほうおうざん;2,840m)は、鳳凰三山とも云われ、地蔵岳(じぞうだけ;2,764m)、観音岳(かんのんだけ;2,840m)、薬師岳(やくしだけ;2,780m)で構成されている。地蔵岳の山頂部は地蔵仏(地蔵岳オベリスク)と呼ばれる巨大な尖塔があり、大鳥の嘴(くちばし)のような山容は、甲府市内からも良く見える。山肌は、甲斐駒ヶ岳(かいこまがたけ;2,967m)とともに花崗岩の白い山肌で雪が積もっているように見える。私は、2010年10月24日に夜叉神峠から、薬師岳、観音岳、地蔵岳と回り、高嶺(2,779m)経由で広河原に下り、バスで夜叉神峠に戻るコースで登山しました♪ 累積標高差累+1878m-1756m 沿面距離17.0kmを8時間20分、36,269歩でした♪ かなり足はガクガクの疲れでした!
3,000m級の山で生き抜いている大老松(カラマツ)のオブジェにはビックリ!!! 右の尖塔が地蔵岳のオベリスク 左の尖がり山頂が甲斐駒ケ岳(かいこまがたけ;2,967m)を背景に構図してみました♪
画像

白い山肌は、冠雪のようで奇麗ですね♪ 観音岳から見る薬師岳 雲海の先に富士山も見えます♪写真の上でクリックして拡大で見て下さいね♪富士山が良く分かりますよ♪
画像

地蔵岳の尖塔部オベリスクから見下ろす光景 八ヶ岳の山並み、左端の蓼科山(たてしなやま)がくっきりと見えます♪
画像

とにかく天気にも恵まれて絶景のオンパレードでした♪ まだまだ周りの南アルプスの光景もあります♪ また、観音岳からの光景もあります♪






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック