泣き止まない赤子のあやし方は、お互いの体温が伝わるスキンシップが最優先です♪

教育という概念について、前回 人を教育する立場の人、社長や幹部の方たちへのメッセージをお伝えしたが、今回は、『三つ子の魂百まで』と言われるように、幼児期に育った環境で形成される性格について経験談をお話しします。親からもらった遺伝子に加えて、幼児期に形成される性格・人間性が実は重要なことは、お子さんのおられる家庭ではお解りと思いますが、敢えて、説明させていただきます。
 『三つ子の魂百まで』という意味のごとく、幼時の性格は、年をとっても変わらないということです。若い夫婦は、初めての子育てでもあり、赤子は言葉をしゃべれないし、泣いてばかりで、コミュニケーションが取れずに苦労の連発だと思います。それを乗り越えて、若い夫婦も成長していくのですが、内容的に失敗することが出ます。赤子は肉体的にも、精神的にも、かなり未熟です。親が考える程高等な要求はしません。単純な生理的な現象の表現です。『腹が減った!』『眠い!』『小便・大便』『不安!親のそばにいたい!』といった生理的な要求を【泣く】という表現なのですが、親は解るまで、あれこれ試してやっと解決できるという感じですね。
 昨日も電車の中で、ベビーカーで寝ていた子が突然目をさまして、体を仰け反らせて泣きだし、若い親は、あれこれ試すが、効果なく泣き止みません!回りも、勝手に「のどが渇いてる?」とか・・・
終始見ていましたが、最も重要なことをしない親にアドバイスしたくなりましたが、お余計なお節介かなと踏みとどまり、今ブログでまとめている状態です。『ポイントは、スキンシップが足りない!!!』赤子をあやすのに頭を撫でたり、背中をトントンしたり、体を揺らしたりしていますが、お互いの体温が伝わるスキンシップが出来ていない!!!途中で泣き止む時があるが、見てると赤子は母親に抱きついている時です♪ そのとき、母親は、前での抱っこ紐掛けを出して、体の密着を少なくしているではありませんか!スキンシップとは、肌が接することです♪しっかりと体温を感じあえるスキンシップが大事です♪ 赤子は電車の雰囲気、人がたくさんいて、不安だらけ!ましてや目覚めでいきなりベービーカーで1人!不安解消は素早いスキンシップです! これが親の愛情です♪ 赤子の不安を取り除けるのは、親だけです♪ 直接体を抱くスキンシップを行って下さい♪親が我が子を守るのです。赤子にとって守るとは肌と肌の接触です♪お互いの信頼関係の原点です♪親に対する安心感が芽生えていきます♪これが後々まで大事なのです。安心できる親の環境の中で精神的にも成長していくのです♪



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック