長野県の最北端、新潟との県境にある雨飾山(あまかざりやま)は、登山口までが遠かった♪

雨飾山(あまかざりやま;1,963m)は、長野県北安曇郡小谷村と新潟県糸魚川市との県境にある。山頂は360度の展望がある。2011年9月10日に、妙高山(みょうこうさん;2,446m)と火打山(ひうちさん;2,462m)に登った後、11日の雨飾山登山に備えて宿泊場所へ移動。笹ヶ峰登山口から雨飾荘までは、地図上でもナビでも横移動で20km*30分で行けると予定していたが、前泊した妙高市のプチホテルビーケンの話『普通乗用車では悪路走行は無理!腹擦り!水溜り!助けも来てくれない!』と聞き、山道を避けて国道経由で3時間掛かりで宿泊地に移動した。小谷温泉を通過して最も奥にある宿泊施設の村営雨飾荘に宿泊。11日朝から曇りの天気で山頂では、その名も雨飾山で、ガスが凄くて、全く視界不良で残念でした。雲の切れ間にチラリと白馬岳の山並みが見えたぐらいでした。下山した後は雲が切れだしたようだが、後の祭りでした(残念!)
山頂から少し降りた笹平では、北の糸魚川市の方向は晴れ間が出た♪
画像

下山時の荒菅沢(あらすげざわ)から見上げる雨飾山(あまかざりやま;1,963m)は、晴れ間が見え出していた♪
画像

登山口の雨飾高原キャンプ場にある登山道案内図です♪
画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック