血管・血液に関する雑学  自分の体の中を張り巡っている血管の長さは???

血液、血管に関する雑学です。知って得する情報です。
人間の体には、血液が流れています。
その血液は全て、心臓から押し出されて動いているわけですが、どのぐらいのスピードなのでしょうか?
これは場所によって違い、大動脈で毎秒50cm、大静脈で毎秒15cm、毛細血管では、毎秒0.05cmであることが解っています。
また、血液の総距離は、いまだに分かっていません。
何故かと言うと、人間の身体には、縦横無尽に血管が張り巡らされていて、数字の公式でも計算できないほど複雑に出来ているからです。ただ、「だいたい地球2周半」とは言われています。
 個人差も大きいです。マラソンなどの長距離走では、筋肉中の疲労物質を直ちに回収して、新たな栄養等を送り出す必要があります。鍛えた体の人は、血管もかなり増え、心拍数も減ります。高橋直子さんが現役の時に1分間35回ぐらいでした。一般の人の倍の血流能力ということですね♪


 また、心臓から飛び出した血液は、早いものなら20秒、遅いものでも60秒程度で戻ってきます。
ちなみに、血液の量は、成人の男性で体重のおよそ約8%、成人の女性で7%前後だと言われています。
だいたい、体重の13分の1前後、と言うわけです。
そして、血液の4分の1を失うと意識がなくなり、3分の1を失うと、死に至ります。

 骨や軟骨には血管はありません。骨や軟骨も細胞分裂しています。死んだ細胞等の腐敗物は処理回収する必要があります。近くまで来ている血管に運び込むことで処理できるのです。どうやって運搬するのか?というと運動です。体を動かすことで運搬するのです。特に膝・肘は骨・関節が多くて、私たちは日頃手足を動かしているので、問題ありませんが、病気で寝たきりとかの症状の人は、大変です!

 体を動かすことの大事さ、運動の大切さを実感して頂けたらと思います♪

 さらにレベルアップの運動【軽ラン】【スロージョグ】を行い、運動習慣が付くと良いですね♪





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • レイバン

    Excerpt: 血管・血液に関する雑学  自分の体の中を張り巡っている血管の長さは??? いつまでも元気でいたい岩元英隆/ウェブリブログ Weblog: レイバン racked: 2013-07-03 18:10