草薙大吊り橋は、東洋一の長さ! 揺れる吊り橋渡りは、足がすくみます! 下を見たら・・・キケン!

2012年9月24日の南アルプスの最南端の百名山「光岳(てかりだけ;2,591m)」登山の出発は、沼平ゲートから林道歩き3kmから始まり、最初の難関?が吊り橋渡りです!茶臼岳コースは、全てここを通過しなければなりません!
大井川草薙ダム湖に架かる草薙大吊橋です。東洋一の長さ182m!高さは、ゾーッとする高さ! 50m??
通常は、ダム湖の水があるが、今回は水なし、大井川の水の流入。河川敷に架かる吊り橋のイメージでしたが、長さ・高さは迫力満点です!足がすくみます!両側に両手で掴むワイヤーがあるのが救いです。

画像

下が大井川が流れているところを橋から下を撮った写真です。鉄板2枚の狭い足場、揺れる吊り橋をイメージして下さい!隙間だらけの足場周りは、怖いですね!下を見て渡るのは、目が回る危険!ゆっくりゆっくり歩いて慎重に渡りました♪ 6時16分開始で4分間かかりました!帰りも同じです!
画像






 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック