さざれ石は、漢字で書くと”細石”です。国歌君が代にある”さざれ石”です。小さな石が大きな塊になる!

さざれ石(細石)は、小さな石の意味であるが、長い年月をかけて小石の欠片の隙間を炭酸カルシウム(CaCO3)や水酸化鉄が埋めることによって、1つの大きな岩の塊に変化したものも指す。日本国歌「君が代」の歌詞に歌われているように、小さなさざれ石が大きな岩になるのですね♪ 
 『我が君は 千代にやちよに さざれ石の 巌となりて 苔のむすまで』
神社にいくと見かけます。さざれ石は、神の化身でもあるのです。
日光二荒山神社の境内から登山する男体山ですが、神社の境内に”さざれ石”があります。
画像

中央道にある岩殿山トンネル。岩肌がむき出しで、ツルツルした鏡面の岩肌が特徴の山です。この岩殿山の鏡面の岩の正体は、”さざれ石”です

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック