鮮やかな色彩で描かれたエジプト王妃の肖像画! 模写品を飛鳥山で見ることが出来ます♪

 2月26日熱気球の墜落事故の発生したエジプト・ルクソール 痛ましい事故で残念です。

 ルクソールの王家の墓には、古代エジプト第19王朝、第3代目のファラオ、ラムセス2世の正妃(第一王妃)であるネフェルタリの肖像画が描かれている。パピルスに描かれているのです。ナイル湖畔に茂るパピルスは、紀元前3000年頃から書写の材料として使われた。いまのPaperの語源です。そのネフェルタリの肖像画の絵を模写した展示物が、飛鳥山の『紙の博物館』にあります。
 私は、2010年5月15日に王子駅から飛鳥山に来て、この紙の博物館を知りました。路面電車も見ました♪ この壁画は色彩豊かでエジプトの王妃やお世話する人など綺麗ですね♪ 

画像

画像


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • フェラガモ 店舗

    Excerpt: 鮮やかな色彩で描かれたエジプト王妃の肖像画! 模写品を飛鳥山で見ることが出来ます♪ いつまでも元気でいたい岩元英隆/ウェブリブログ Weblog: フェラガモ 店舗 racked: 2013-07-03 06:48