戸塚宿からも三角形の姿が見えた大山 東海道のシンボルの山であり、信仰の山だったのですね♪

 旧東海道を歩いて見て、江戸時代のことに思いを寄せて見ました。2009年2月28日に戸塚駅から辻堂駅までの旧東海道を実際に歩いて見ました。
 その時の戸塚で見た東海道53次「戸塚宿」の光景のことです。

 安藤広重の東海道53次「戸塚宿」の風景に描かれた光景を見ると、当時の姿を推測することが出来ますね♪

  東海道の柏尾川に架かる橋(現在の吉田大橋)の手前に、お茶屋の「こめや」が描かれている。「左 かまくら」の鎌倉道の道しるべも。左奥に見える三角形の”大山”が見えます。 江戸時代 大山詣でが盛んに行われていた。戸塚からも三角形の形で良く分かったのですね♪ (今では、建物があって見えません!)
画像


 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック