この印象的な青い池は、日本中探しても見つからない! ここ白金温泉ならではの秘密があるのです!?

2012年8月23日(木)から27日(月)の4泊5日の北海道5山(旭岳(大雪山)、十勝岳、トムラウシ山、幌尻岳、羊蹄山)の登山旅行で、  1日目の旭岳(大雪山)(あさひだけ;2,290m)登山を終えて、2日目の十勝岳の登山口の白金温泉の民宿林道へ移動しました。
白金温泉に近づいて、”青い池”の看板があり、車もたくさん入って行くようなので、着いて行きました。本当に”青い池”です♪ 非常に神秘的なブルーです♪ 必見の価値あり! 散策路の木々の緑と池の青が対照的で引き立って見えますね♪ 空は曇りで、空の色とは無関係です。水そのものに青色の秘密があるようです♪ 
 その後、白金温泉に着いてから、ブルーの川が見られるというので追及して解ったのですが、白金温泉の温泉水と川の水が混じり合って、出来るブルー色のようです。 どんな化学反応なのだ!? なんてことより、神秘的なブルーの池ということで再度じっくりと見ましょう♪

画像

こんな素敵な散歩道のデートは、恋人も大満足するでしょうね♪
画像



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック