那須高原の活火山! 那須岳にロープウェイで気軽に行ける!道路も無料になり、広い駐車場もある♪

日本百名山の登山も日帰りを基本に行い、車で行ける所は、どんな道でもチャレンジしました。そんな中で、思い出深い事例を紹介します。

 1回目は、雲取山への道で、大月市から国道139号の山越えで奥多摩に通じる道を紹介しました。2回目は金峰山(きんぽうさん:2,599m)への道で、山梨県と長野県の県境の大弛(おだるみ)峠でした。 3回目は、長野県の川上村に登山口がある甲武信ヶ岳(こぶしがたけ:2,475m)への道でした。 4回目は、国道352号沿いにある新潟の山2つ『越後駒ヶ岳(えちごこまがたけ:2,003m)』と『平ケ岳(ひらがたけ:2,141m)』に、さらに会津の山『会津駒ヶ岳(あいずこまがたけ:2,133m)』への道です。 今回は、スマートに登山できる人気の高い那須岳(なすだけ:1,915m)への道です。東北道那須ICから行けます。


 那須岳は活火山です。今でも噴煙をあげています。硫黄の黄色い吹き出しも見られます。山頂下のロープウェイで簡単に山頂直下までハイキング気分で行ける人気の山・観光地です。ズック姿の子供もいました。ズルズル滑るのでやはり登山靴が要りますね!  そのロープウェイ口までの道路は、2009年までは有料道路でしたが、現在では、無料で広い駐車場もあって人気のようです。私は、2010年8月8日に、歩いて朝日岳1,896m、茶臼岳1,915mに登りましたが、この日も天候の変化が著しく、ガスが出たり、晴れ上がったりでした。今時分も天候の変化が激しいので、特に山の天気には注意が必要です。那須岳も山の天気ですよ!
画像


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック