素人ゴルファーが出来ずに悩んでいる体重移動! 究極の理論・練習方法を伝授致します!

 スイングの基本は、【 『体重移動』してから、『回転』する!】 です。 体が回転を始めると体重移動は出来ません! 体重移動の難しさを実感している人は多いようです! 
 習得するための練習として、①~③を行います。 ①と②は同時練習で良いです。 この取り組みの必要性は前回の解説をよく読んで下さい。
   ①『回転』の練習 (=『足腰をどっしりと構えて、動かさないようにして、腕の振りと上半身の回転で打つ』方法) 
   ②『体重移動』の練習 : 『体重移動』とは、下半身(腰から下)の重心を移動させることです。  
   ③ ①と②をドッキングした総合的な練習 
       ③-1  ”満振り”の素振りで、ヘッドスピードをMAXに上がる体の使い方を体で覚えるための練習
       ③-2 実際に本番スタンスでボールを打つ時のポイント : 本番素振りの練習も大事です。

 なお、スイングの基本となる理論は、前述の通りであって、これを理解出来ている前提ですので、こちらも確認してください。


今回は、②『体重移動』の練習について、説明します。

先ず、体重移動の定義(=内容)を確認しましょう!
 『体重移動』とは、下半身(腰から下)の重心を移動させることです。この時に頭の位置は変えないのです。 足の裏が見えるほどに足を上げる人がいますが、野球のように動く球を打つのでないから、足上げは不要で、逆に体の上下動で目線が動いてします危険があり、べた足となるようにしてください。
 右足7割の体重移動のトップから、切り返す(=上げるスイングから振り下ろすスイングへの切り替えし)で、第一に動かすのが、『足腰』! 左足8割体重になるように! 右足は、べた足のままで蹴り上げたりしないこと!腰のレベルは左右均等の高さを保持すること! この時に、トップの位置の両手は、構の形は変わらずに、自然に右腰の当りまで自然に下ります!これが俗に言うタメを造った形です! (=腕に力をいれないこと!) 
 続いて、左足体重8割の状態で、左足太腿内側に力を入れて左股関節で体重を受け止めるイメージで左臀部の筋肉も引き締める動きと同時に右足太腿内側を左へ送り出して右腰を入れる動きです!。また同時に両手の振りも始動です! 目線は真っ直ぐにボールを向いたままで、いわゆる腰が入った状態でインパクトを迎えるのです。 また、臀部に力が入った状態でフィニュッシュの形となり、プロと同じような綺麗な形が出来ますよ♪


この体重移動を練習で覚えるために動作を2つに分けて行います!

 トップの右足体重7割から、
① 『左足の踏込みと同時に両手が自然落下』 踏み込む左足の前後の重心の位置で、球筋も変わりますが、基本は、左足中心です。先ずはこれで体重移動を覚えることです。
② 『左足内側で壁を造りながら左足股関節に体重を乗せて右腰を入れる動き』=『この動きが回転の始動でもある』、『腰の回転と同調して上半身を回転させて、両手を体の中心で降るように頭を残してインパクト! そのまま振り抜きです』  
 ※ 腰を入れる動作の筋肉の使い方も重要!『両足は膝が軽く曲がった前傾姿勢を保持したままで、左足太腿内側の引き締め・左臀部の引き締めと 同時に右足太腿内側を左へ送り出す動き・この時に右臀部を引き締める』 この動きは単独で理解するように繰り返し練習して覚えましょう! 
 ※ 両手の振り抜きは、インサイドからアウトサイドです! 両手を伸ばさないとアウトサイドへ行きませんので、両手がトップで曲がる人は、この振り抜きで目線はボールを見たまま、両手を伸ばしすスイングも確認してください!

 この瞬時の動作を①と②に分けて、練習するのです。 ①の動作だけを、イチ、またトップに戻して ニイ と2回①の動作を繰り返して体重移動の形を造ります。 そして、①の3回目の動作で サン として 直ぐに ②の動作をして打つのです。 繰り返し練習しましょう! 頭を残したままですよ! 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック