自分にあったスイングとは? ”満振り”の練習で、ヘッドスピードをMAXに上げるコツを体に覚えさせる!

 スイングの基本は、【 『体重移動』してから、『回転』する!】 です。 体が回転を始めると体重移動は出来ません! 体重移動の難しさを実感している人は多いようです! 
 習得するための練習として、①~③を行います。 ①と②は同時練習で良いです。 この取り組みの必要性は前回の解説をよく読んで下さい。

   ①『回転』の練習 (=『足腰をどっしりと構えて、動かさないようにして、腕の振りと上半身の回転で打つ』方法) 
   ② 『体重移動』の練習 : 『体重移動』とは、下半身(腰から下)の重心を移動させることです。  
   ③ ①と②をドッキングした総合的な練習  2ステップに分けて練習です。
    ③-1 ”満振り”の素振りで、ヘッドスピードをMAXに上がる体の使い方を体で覚えるための練習
    ③-2 実際に本番スタンスでボールを打つ時のポイント : 本番素振りの練習も大事です。

 なお、スイングの基本となる理論は、前述の通りであって、これを理解出来ている前提ですので、こちらも確認してください。

 今回は、③-1 の”満振り”に素振りの練習です。 ①『回転』と②『体重移動』をドッキングした総合的な練習です。 これは、本番で成功へ導く素振りを習得して、実際に、ここぞ!という時に、ショットの前に、素振りで体に思い出して貰うためのものです!

 早速その練習を体で覚えましょう♪ 人によって体力は異なるので、その人にあったスイング! その時の実力に合ったスイングを知ることです! それは、”満振り” の素振りをするのです。 SWの短いクラブでOKです! マットの上をギリギリかすめる程度がサイコ~の振り抜きです。 スタンスや足の位置や体の細かい位置などは無視して、”満振り” を続け様に何回も繰り返すのです。 フィニュッシュからトップへ戻すのも、逆の振りで上げます。止めずに、自然体で振る。 その時に、大事な基本は、『常に頭・目線は正面を向けたまま』です。 腕は出来るだけ伸ばして力を入れないこと! 可能な限り、ヘッドスピードを上げる”満振り” をするのです。この”満振り”は、普段でもヘッドスピードを上げるスイングの練習に効果があります。
 自然に、足の筋肉、腰の筋肉、体幹(腹筋・背筋)の使い方がバランス良くなります。 ヘッドスピードが最も上がる時の足腰の動きを知るのです! これを、本番の1回だけのスイングでもスムーズに出来るようにするのです。
 あなたの気持ち良い振り抜きを再現させるスイングスタイルを体感できましたか!? あなた自身が、自分の体の動きをコントロールさせるコツを掴んでください。練習②で覚えた『体重移動』と練習①で覚えた『回転』を融合した素振りです。これはあくまで素振りであって、ボールを打つことを無視していますので、勘違いの無い様に!!
体得するコツとは! 
 トップの形  左肩が十分に入る位置   トップの位置で分る、スイングのリズムや自分にあったタイミングを  知る!
 体重移動のタイミング  左足の踏込みと左足への体重のかかり方  インパクトを迎える時のスイング(クラブヘッド)の軌道の残像を見る インサイド・アウトの感覚を知る  マットスレスレにクラブが通るのが振り抜きの良いスイングであること  等々 自分の得手・不得手を知って、本番ショット前の素振りで体に覚え込ませることでミス防止に役立ちます♪ 
 


 次回は、③-2 実践スタンスでボールを打つ時のポイントを説明します。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック