絶大な人気の生田神社! 神戸市という地名の発祥でもある生田神社! ご利益を授かりたくお参りに!

 神戸市内観光も、  モザイクで腹ごしらえしてから、三宮から歩いて生田神社へ、そして六甲山へ。 

 生田神社は、古代から栄えた神社です。 神戸の地名の由来もこの生田神社にあります。 平城天皇の806年(大同元年)には「生田の神封四十四戸」と古書には記され、現在の神戸市中央区の一帯が社領であった所から、神地神戸(かんべ)の神戸(かんべ)がこの地の呼称となり中世には紺戸(こんべ)、近年に神戸(こうべ)と呼ばれるようになった。 地元では「生田さん」として親しまれていまれ、初詣はもちろん、七五三など参拝客が絶えない。
 神戸(じんこ、かんべ)または神部(かんべ、かむべ)は、古代から神社の祭祀を維持するために神社にお仕えした人たちである。 日本の各地の神社に神戸が存在するのです。ただし、呼び方は地方独自です
 
 生田神社にお詣りして、拝殿の様子を伺うと、中は屋根がない!? 珍しい不思議な造りです! 幾多の災害被害に遭いながらも、そのつど復興されてきたことから、「蘇る神」とも崇められています。 社殿では、七五三のお参りが行われていました。 

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック