極秘情報です! プロのように飛んで曲がらないドローやフェードを打ち分けるテクニックを紹介します♪

 ゴルフのスイングで、『ドロー』とか『フェード』とか良く使いますが、プロのような飛んで曲がりの少ない『ドロー』や『フェード』を打ちたいですね♪

 なんでもかんでも左に曲がる球を『ドロー』と呼んでいませんか!? 曲がりが大きく、左OBの危険な『フックボール』、特に左打ち出しで直ぐに左に曲がる『ティーピン』なんぞはOBまっしぐらの球ですね。 こんな球でも『ドロー』とか呼んで持ち球だ!と言っているようでは、恥ずかし良いですね!

 曲がりの大きい『スライス』でも、『ティーピン』と同じようなドスライスでは、右OBの危険ですね!

 『ティーピン』も『ドスライス』も、ボールに当たるクラブの向きが『閉じている』、または、『開いている』状態で、かつ、打ち出しの方向が、左を向いている。または、右を向いている。 つまり、フェースコントロールが全く出来ていないのです。

 フェースコントロールとは? インパクトゾーンの手前からインパクト、さらに振り抜きのゾーンだが、体の中心から左右45度ぐらいです。このゾーンは、クラブフェースをコントロール出来るのです! プロは、常にコントロールしています。『ドロー』や『フェード』の使い分けをしています。良く解説の人が打った瞬間にドローとかカットに入れたとか言いますが、これは、フェースコントローの結果の振り抜いたフィニュッシュの形を見れば解るので、フィニュッシュの形からの推測をしていると思います。瞬時にクラブがインサイドアウトだった! とかアウトサイドインだったとかは見えません。打った本人(プロ)は、コントロールしてますから、解ります。また、打ち出しの球の方向も狙い通りだったかも直ぐに分かりますから。

 フェースコントロールの仕方とは? 切り返しからの振り抜きで、両手の位置を体に対してどう持っていくかです! グリップエンドは、常に体の中心を向けるのですが、両手の位置が体の中心に来た時にどこで止めるかです!『ドロー』は、体の右側です。『フェード』は左側です。 止めると表現しますが、実際は止めるのでなく、イメージです。クラブを持った両手よりも、クラブヘッドが遅れて振り下ろされてくるが、止めた両手の位置で、クラブヘッドが先に振られていくのが、『ドロー』です。打ち出し方向をインサイドアウトにしたいので、インサイドアウトに振り抜いていくのです。 また『フェード』は、両手を体の左側(左腿内側当り)で止めて、クラブフェースが遅れて入ってくる=カットに入れるのです。インサイドインの軌道で振り抜きます。(アウトサイドインはドスライスですよ!) 良いですか、決して手首を使って、クラブフェースを返す『ドロー』打ちはありませんよ!手首を返す打ち方は『ティーピン』打ちですよ! インパクトゾーンで手首のスナップを利かす打ち方もありますが、飛距離は伸びる反面フェースコントロールにブレが出やすく、プロでも悩む程ですので、あまり使わないようにしましょう! 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック