ゴルフスイングの基本は、『体重移動』してから、『回転』する!です。実践的な『寄せ』で習得しよう!

 ゴルフスイングの基本は、【 『体重移動』してから、『回転』する!】 です。 体が先に回転を始めると体重移動は出来ません!  いいですか! 回転し出したら、体重移動は出来ないのですよ! このことをしっかり頭に叩き込んでください!

 プロのスイング軌道は、【 円運動ではありません! だ円軌道なのです! 】 なぜ、だ円軌道なのかというと、【体重移動しながら、円運動する】 からです。 このだ円軌道が、なぜ大事かというと、インパクトの瞬間を出来るだけ長く、直線性にして、狙い通りの方向性を出したいからです! 円軌道では、少しの入射ブレで方向性が狂います。 理論上も納得頂けますね♪ 

 このだ円軌道をどうやって作るのかというと、スイングの体の動かし方は、【体重移動 してから、回転 する】です。 この動作は、瞬時の連続動作ですので、結果的には、【体重移動しながら、回転する】動きとなるのです。

 どうやって、やるかについては、基本的な事は、『ゴルフスイングの動作で、難しいのが、切り返しと体重移動ですね!この動作は体幹と腕・手のコラボの運動!』 で、説明しましたが、 実践的に役立つ練習方法を紹介します。

 『主にSWで行う寄せ』のスイングです。 『寄せ』も体重移動をして打つのです! 『寄せ』を回転運動でやっている人を見かけますが、入射位置のズレでダフリ易いです! ましてや、左足上がりの傾斜などでは、体のブレが出やすくなり、ダフリ必然!! 

 体重移動を行うには、スタンス時の足幅も要ります。閉じていると体重移動出来ないので注意! ソフトに振り抜きたいので、体の大きな筋肉を使って、振るのです。 腕や手で振るのではない! 
 寄せも小さなスイングです。距離に応じた振り幅です。小さなトップからの切り替えしは、足腰の体重移動の開始から始めます。右足側体重から左足側への体重移動です。距離・ライの具合などに応じたタッチで行います。足腰リードの腕・クラブの振りです。決して、手首は使わないこと!!! また、目はボール位置を見たままの振り抜きです。ボールの行方は追わない!ヘッドアップは厳禁!

 この『SWの寄せ』スイングで、手の使い方も覚えましょう! 片手で打つ練習です。これは、松山プロもいつもやっています。右手の使い方と左手の使い方の基本を知ることが出来ます。これは、論より実践です。早速やってみて下さい! 片手で真直ぐに打てるようになるまで練習して下さい。 両手で打つ時もこの片手の感覚をそのまま使うのです。 通常のスイングでもこの手の使い方が基本ですので、あなたの実力向上間違いなしです♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック