ゴルフスイングで目の使い方は非常に大事なのです。ボールから目を離すな!なぜなのかを詳しく解説します。

 ゴルフ場は、平坦な場所は少なくて、傾斜地が多い。打ちっ放しの練習場では、うまく打てるが、本番ではうまくいかない!という人がいるが、これは、平坦な場所では問題ないが、傾斜地では、うまく打てないということです。 原因は、大きく2つあります。

 ひとつは、最も大事なことである『ボールから目が離れてヘッドアップで打っている!』『ボールをジャストミート出来ていないのです!』 普段の練習場でもミート率は低いと思います。縦方向の飛距離のバラツキが大きいと思います。また、練習場のマット上では、ダフッてもクラブが跳ねてボールを捉えるので、それなりに前に飛ぶのを当たったと勘違いしている。 さらに、クラブの性能も上り、スイートスポットも広くなって、問題意識が薄れていると思います。
 バックスイング時に、大きなトップを造ろうとして左肩をあごの下に入れると顔が動き、目がボールから離れることがあります。一旦離れた目がボールを見ようとすると、頭も一緒に動きます。この動きは、スイングプレーンを大きく変える要因になります。方向性は保証できない。
 ヘッドアップして打っている人は、それなりにチャンとボールを見て打っているつもりなのです。実際は、インパクトの瞬間には、顔は上がって成り行きでボールを打っているのですが。それに気づいていない!
 ※ 打った後でもボールのあった後を見続けるぐらいの目線が要ります。

 次に大事な二つ目は、『前傾姿勢の保持及び頭の位置固定が出来ていなくて、ボールとクラブの位置関係が離れたり近づこうとしながら打っている』 傾斜地では、構えた位置から、スイング時に目(頭)とボールとの距離が変わったら、元に戻すのは不安定な傾斜地の足場では大変です。大降りなどもっての外です! スタンス時の前傾姿勢で、ボールとクラブの位置関係を保ったままで、スイング出来るかどうかがその場の対処法の判断ですね。足場がグラつくバンカーでもそうです。コンパクトなスイングや体重移動はしない打ち方など多彩な技術が要求されます。考え方は、『構えたクラブ位置を保ったままの前傾姿勢でスイングできることです』 もちろん、ボールから目を離してはいけません。ボールとクラブの距離を変えずにインパクトを迎えたいのです。体重移動で足腰は動いても、目(頭)はそのまま動かさないのです。そのことで、両手の位置も保持できるのです。 俗にいう『ヘッドビハインドザボール』=インパクトでボールよりも頭が後ろ(右)にある状態です。 

 最も大事な『ボールから目を離さずに打つ』というのは、大変な技術を伴います。短いクラブは、体の中心で打つので、正面でボールを見ながら打てますので、ほゞジャストミート出来ます。 クラブが長くなるほど、ボール位置が左寄りになるために、ボールは左目側となる、特に1Wでは、スタンスでは、左目側です。体・顔・腰・両足は、目標線と平行にスタンスするのが基本です。これがゴルフのスタンスの難しさでもあります。左寄りのボール位置に対して、顔は正面を向いたままで、ボールを見る。左目でボールを見る技術です。バックスイングも、顔は正面を向いたままで、左目はボールをしっかりと見たまま。 スタンス時の前傾姿勢を保ったままで、切り替えし・体重移動を行いながら、左目だけから両目状態でボールをしっかり見ながらインパクトです。ドローは、体は半身状態なので、依然として左目状態となります。フェードでは、体は正面まで回っていて、両目で捉えやすい。インパクト直後もボール後を見るぐらいで目線を保ち、その後に一気に顔も回転させていく。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック