ゴルフのショットは、プレッシャーのかかった場面でも確実に決めたいですね!! 答えはこれです♪

 ゴルフは1発で決めなくてはいけないのが、難しさですね! 野球の3ストライクまであるのと違って、1発勝負です。それだけに技術の確かさが要求されます。また、判断力や決断力も大事で、常にメンタル面も伴います。

 確実なスイングを身に付けるのがスコアアップのカギです。 プレッシャーのかかる場面でも確実に決めるショットが出来たら、余裕ですね♪ パーオンやリカバリーの寄せワンが出来たら、シングルプレーヤーといったレベルですね♪ 

 どんな場面でも確実に読んだ距離を打ちたいですね。 池越えやバンカー越えのグリーン狙いで、力が入り過ぎて、ダフリの池ポチャ! や バンカーへ墜落! といった経験はありませんか!? 何としても、最悪のミスは嫌なので、オーバー目に打ち、飛び過ぎて、逆にグリーンオーバーということにも・・・・!!

 そこで、今回は確実に決めるショットを紹介します♪
 ミスを誘いやすいのが、平坦でない場所でのショットです。斜面での前傾保持の難しさや体重移動の難しさがクリアすべき課題です。こういう場面では体重移動しないで、上半身の回転だけで打つショットを使うのです♪ また平坦な所でも使っても良いです。必ずスコアアップします。80台で回れます♪

 どうやって、打つのかというと、
 ① 両足ベタ足状態で、やや腰を落として、両足ガッチリと地面に前後左右均等立ちの前傾姿勢を取ります。  スクワットの姿勢で背筋を伸ばして、少し尻を後ろに出した形です。高さは傾斜に合わせて調整します。
 ② スクワットの姿勢のままで、足腰を固定しままで、頭も動かさずに正面を向けてボールを見たままで上半身だけの回転でショットする。振り幅は体の横から横です。バックスイングで体がぶれないことです。両手が体の中心でボールを捉えるのです。ショートアイアンではボールは体の真ん中に置く。インパクト後も顔は正面を向いたままです。目でボールを追わない!

 このショットは、体重移動しない分、また振り幅が小さい分、飛距離は落ちます。私は、通常2クラブ分(=約20Y)落ちるのでクラブ調整をします。 下半身の体力と上半身の振りの力のバランスで人によって、飛距離は変わります。パワーのある人は、このショットで全てをこなして、70台も出せますよ♪ このショットのメリットは、常にボールを見たままで打つ習慣が身に付く♪ ボールを体の中心で捉える感覚を身に付く♪ 自分のクラブ毎の飛距離を知る。球の位置もいろいろ試して球筋も知っておく。 
 
 またこのショットは本番でも常に使います! 前下がりの斜面やフェアウェイバンカーでのボールをクリーンに打つショットです。 ですので、必ず覚えてマスターして下さい!

 このショットをマスターしてから、体重移動のフォームへと移行するのが、上達への早道だと思います♪


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック