あなたはシャンクの経験がありますか!? いつ出るか分らない怖いミスショットで悩んでいませんか?

  シャンクは突然出ます。シャンクは、当たった瞬間に右へ飛び出すので、打った本人は驚き山椒の木です!
シャンク【shank】は、ボールがクラブネックに当たる現象ですが、SWでクラブエッジに当たって、同様に右側へ飛び出すこともあります。ミスショットは、他に、ボールが飛ばないチョロ、高く上がり過ぎるテンプラ、上っ面を叩いたトップ、クラブで地面を叩くダフなどがありますが、シャンクは、右へのOBもありうるし、右近くに人がいたら傷害の危険もあります!

 良くシャンクで悩んでいると人は、よくよく話を聞くと、他のミスショットも出ています。シャンクは、OBなどコース外へ飛び出るために、シャンクが非常にイヤな怖い印象となるのです。

 シャンクの原因は、人によって異なります。初歩的な原因として、『変則スタイルのスイング』で 『ボールを見ずにヘッドアップで打っている!』ケースが多いです。 シャンク以外の他のミスは全く無いという人は、プロのレベルです。足場の悪い所では、無理な体重移動で、ボールと体の距離が変わり、ミスショットが出やすいです!
 今一度、自分の全てのミスショットの分析をしてみると良いです。

 ボールをしっかり見て打つことで、ミート率は相当上がります♪ 繰り返しの説明になりますが、打った瞬間にボールがどこへ行ったかを目で追っている人は、インパクトの瞬間にヘッドアップしています! 
 スタンス時からボールから目を離さずに、インパクトまで、目とボールの距離を変えずにインパクトする。インパクト後もボール後を見続けることで、スイング軌道も安定するのです。パターや寄せでも、顔を残せと言っているのと同じですね♪

 ヘッドアップの打ち方は、インパクト前までは良いスイング軌道でも、ヘッドアップの瞬間に頭が動いて、体の軸も動きますので、頭の直ぐ下の両肩の位置も変わり、ボールと手・クラブの位置関係も微妙に変わるのです! どうなるかは、とにかく成り行きの打ち方ですので、予測がつかないのです! ミスショットの確立が高まります。さらに足場の悪い斜面などで、体重移動しながらだと、完全なミスショットとなります!

 『ゴルフスイングで目の使い方は非常に大事なのです。ボールから目を離すな!なぜなのかを詳しく解説します。』で説明したように、ボールをしっかりと見て打つ基本をマスターしてくだささい♪ 足場の悪い所では、足腰がグラつかないようにして、体重移動をしないショットで打つしかありません! 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック