善光寺御本尊のお慈悲を伝える回向柱!今までの回向柱も飾ってあります。来年は御開帳の年です。

 善光寺では、数え年で7年に一度、善光寺前立本尊御開帳(ぜんこうじまえだちほんぞんごかいちょう)が行われます。 前回は、平成21年(2009年)に行われました。 御本尊様のお身代わりとして、まったく同じお姿の「前立本尊」様を本堂にお遷しして全国の人々にお参りいただく盛儀です。4月から5月にかけて行われます。 高さ10mの回向柱(えこうばしら)が本堂前に立てられます。回向柱には前立御本尊の右の御手に結ばれた金糸が善の綱となって結ばれ、柱に触れる人々にみ仏のお慈悲を伝えてくれます。
 次回の御開帳は、来年の平成27年(2015年)4月5日から5月31日までの57日間にわたって行われます。
 今までの御開帳の時の回向柱が、飾ってありました。本堂の西側です。平成21年、平成15年、平成9年の回向柱と続いて飾ってあります。
画像


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック