熱中症対策は、環境変化への身体の適応能力を常に磨いておくことなのです! あなたの能力はいかが?

 熱中症の出易い季節になってきました。 天気予報やニュースでも、熱中症の話題が多い。 そもそも熱中症とは? 『暑熱環境下においての身体適応の障害によっておこる状態』 『屋内・屋外を問わず高温や多湿等が原因となって起こる。日射病とは違い、室内でも発症するケースが多く、年々増加傾向にある』 
 つまり体の側から見ると、環境変化に対する身体適応能力の問題です。 単純に言うと、環境の変化があっても、身体が適応しないということです。 急激な環境変化の激しいこの頃です。 あなたの体の適応能力はいかがですか!? 
 体の適応能力とは、暑い時は、発汗によって、体から熱を発散させる。 誰でも汗をかくことが出来るが、この発汗による体の熱を下げる能力(=効率)の個人差が問題なのです。 体は暑い環境下で体温が上がると発汗で体温を下げるのです。また、運動(=筋肉の活動)で発熱すると発汗(=水分の蒸発による潜熱)で体温を上げようとする。 発汗の状況によって、発汗分(=水分・ミネラル分)の補給が必要となる。 発汗の量も、個人差があるのです。 同じ運動をしても、発汗量の多い人、少ない人の差が大きいのです! この差は何か!? 
 この差が何なのかを知りたい! 自分はどんなレベルかを知って、向上させるにはどうすれば良いのか? 
人間の環境への適応能力は、誰でも持っています。使っている人と使っていない人の差です。冬場でも発汗させて年中発汗を習慣化させている人! 夏でも発汗を抑えようとクーラーの効いた部屋で過ごす人! この極端な差が非常に大きいのです。当然、この極端な人の差は、体の痩せ方・肥り具合も大きな差が出るでしょうね!
 冬場だけでなく、夏場でも、毎日発汗の訓練を行う場は、誰にでもあるのです。何も運動することだけではありません。 毎日の入浴の場です。 発汗を伴う入浴=”半身浴”で発汗の訓練を行うのです! この半身浴は発汗の訓練だけでなく、快適な睡眠のための重要な準備でもあります。また、毛穴・汗腺に詰まった老廃物の排出のためにも大事です。汗腺に汚れが詰まったまま放置すると”デキモノ”になります。入浴無しで過ごすと体は皮膚病となります。皮膚の汚れ落としに加えて発汗で汗腺もキレイになります。
 毎日の半身浴は、発汗の能力向上につながり、全身で発汗できるようになります。匂いの無いキレイな玉のような汗で爽やかです。発汗能力の低い人の汗は、匂いも強烈です。それは、全身の発汗でなく、顔と背中だけとか部分発汗となりがちで、発汗の少ない汗腺が汚れたままなのです。
 半身浴も簡単そうですが、要領をしっかりと学んで、長続きして習慣化できるようにしましょう。
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック