百名山の中でも今でも噴煙を上げている活火山! 御嶽山の噴火事故の教訓を活かしたい! 

 朝から雨がキツイ! 台風18号が接近している! 台風の目がしっかりとしている。 暴風雨が日本を駆け抜けるのか!? 
御嶽山の行方不明者の捜索が難航している! 火山灰の影響が大きい! 大雨による土石流の心配も! 
 今回の噴火事故は、あまりにも悪い偶然が重なり過ぎ、大惨事となった! 私も2010年10月17日に御嶽山の登山をしましたが、当時も地獄谷で1ヶ所噴煙が上がっていました! いわゆる水蒸気の噴煙です。 こういった活火山で噴煙の上がっている山は、百名山でもたくさんあります! 今まで大きな事故もなく来たのですが、今回の事故を教訓に、対策をしっかりと講じる必要があると思います。 
 活火山だけでなく、平地の温泉地帯でも水蒸気の噴煙が上がっているところは、水蒸気爆発の危険があります。 登山者の対策だけに目が向きそうだが、現在でも噴煙の出ている温泉地の所でも、しっかりした対策を取るべきと思います。 浅間山では、避難用のシェルターがありました。 噴石対策には要ると思います。
 百名山の中でも、現在でも噴煙を上げていて、危険を感じる活火山は次の通りです。
 『浅間山』 『阿蘇山』 『霧島(韓国岳)』 『焼岳』 『那須岳』 『雌阿寒岳』 『十勝岳』 



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック