ストレートネックという言葉を知っていますか?今にして思えば私もストレートネックを完治させた!思いです

 ストレートネックという言葉を知っていますか? 私もNHKのためしてガッテンを見て初めて聞きましたが、内容は、頸椎症と同じかなと思い、 私が苦しんだ症状とよく似ているので、調べました。
 「うつむき姿勢になることが多い現代人は ストレートネックになりやすい」 という指摘です。
 携帯・スマホにパソコンは、仕事に、私的な面まで、四六時中、知らず知らずに、夢中になって、長時間前のめりの姿勢で、顔もうつむき姿勢になりがちですが、 本人が気づかない! というところに問題があります。 30分ぐらいで休憩タイムを設けるなどリセットする工夫をしている人は、あまり問題にならないのですが、 仕事を仕上げるまで頑張り通すタイプなど、夢中で長時間同じうつむき姿勢をするのが危険です。
 ストレートネックですから、本来、湾曲していて正常な首ですが、自分では首を真っ直ぐに立てていると思っていても、実際は首が前に倒れている状態です。 私も、整形外科で、レントゲン検査をする時から言われたのですが、「真っ直ぐに立って下さい!」の指示に、「もっと首を真っ直ぐにして!」と繰り返し指示されたことで、具体的に「こういうふうにと!」 首を起こされたときの首の姿勢に驚きました。 無理矢理に起こした首の姿勢のレントゲン写真で、頚椎の変形を指摘されました。 「誰でも年を取ると前に倒れてくる。 年のせいです。 少し若くて頚椎になっている。 もとには戻せない! 痛みが出ないように無理をしないように! 」 という医者のコメントでした。 私は当時、ゴルフのスイングで、左肩をあごの下にしっかり入れる程にネジリを利かせていたのが左首側に痛みが出る原因だと思っていました。 実際ゴルフ以外では、痛みは出ませんでした。 ところが、ゴルフ以外で、症状が出だしたのが、寝ている時で、左向きに寝ると左手にシビレがでるのです。 その頃は、非常にツライ思いをしました。 現在は、解消して、全く、左手のシビレも、首の痛みも出ません♪ なぜ治ったのか?というと、 湘南マラソンを終えて、首に異常なコリ! コリに伴う痛み! に悩まされた時のことです。 走る姿勢が悪い! 前のめりで傾いていると考え、意識的に胸張り姿勢で前方を見るようにしました。 しかし、一向に良くならない! それから、気づいたのが、パソコンのやり過ぎ(=長時間の同じ姿勢!)、特に、寝る直前まで、夢中でパソコンに向き合うのが原因では!? と考えて、パソコン時の姿勢の見直し、途中休憩をする、合間に首を動かす運動をするなど工夫しだしてから、首コリが解消していった。 それでも解消するまでに数か月はかかりました。 現在では、全く首コリはありません。 また、頚椎で発生した左手のシビレも、左向きに寝ていても、全く発生しません! こういう症状の出方や直し方の内容を考えると、ストレートネックと同じようなもので、逆に頚椎症までは至っていなかった! という結果だったと思います。
 本当に、治ったから良かったと思っています。 あの慢性的な症状であった 「首の痛み!左手のシビレ」 が解消できて、再発しないように、していきたいと思っています。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック