睡眠の質を高める方法は、うつ伏せ寝、筋肉疲労、脳の休息、酒頼りなど・・・効果を上げていきたい!

 睡眠の質を向上させたい! 朝、スッキリとした目覚めで好調なスタートをしたい! 
朝の目覚めでまだ眠たい。 目があきにくい。 頭がボーっとしている。 もう少し寝ていたい。 などとスッキリしない目覚めでは、朝の良いスタートと言えない。 年を取るほどに、睡眠の質が低下していく。 寝付きよく、2時間周期の熟睡があればよいのですが。 特に朝方に2~3時間 熟睡すればスッキリした目覚めとなるのですが! 
 そんな悩みを解決させる取り組みに努めてきているのですが・・・ 
先に報告したうつ伏せ寝は、疲れているときは有効だが、疲れが少ない時は、やはりなかなか寝つきが悪い!
日野原先生のやり方のような本格的なうつ伏せ寝でないので、短時間しか続けられない! 結局仰向けに寝なおすことになる。 また、歯に異常な力をかかるので、見合わせています。
 
 とにかく、睡眠は毎日のことですから、継続的に好調な睡眠を続けることの大変さが身にしみます。 
寝付きの良し悪しは、体の疲れ(=筋肉の疲労)がポイントで、また、寝る前の脳の休みモード作りも大事です。
筋トレで筋肉疲労を起こしていると、栄養と休息で早期回復を図ることが出来る訳で、体も本能的に休息を求めて、眠気が早く来ます。 毎日、筋トレか!? しかも、ハードな筋トレが要るとなると、毎日はチョッとキツイ!

 酒に頼った熟睡法は、逆に夜中の小便増! 翌日の体調不良など弊害が多いです。でもたまにはストレス発散狙いで、軽く酒飲みですね。
 
 まだまだいろんなことを取り組んでいきたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック