あなたは、「がんもどき」をどう呼んでいますか? 同じものでも呼び方が変わり、戸惑うこともありますね。

 「がんもどき」は、美味しいた食べ物で、好きです。 がんもどきは、豆腐をつぶして、ニンジンやレンコン、ゴボウなどと混ぜて、油で揚げた料理で、いろいろな具材が入っているので、栄養満点です。 「がんも」や「飛竜頭」ともよばれる。
 ところが、素朴な疑問でなぜ、 「がん」もどき なのか? もどきとは、○○もどき(擬き)と言うときは、○○のに匹敵するほどのもの、また、○○に似て非なるものであるという意味である。つまり、ニセモノである。
 江戸時代から、「がんもどき」はあったようです。 解説では、こうです。
 元々、「がんもどき」は精進料理(もどき料理)で肉の代用品として作られたものである。名前の由来については諸説あるが、最も知られているのは雁(がん)の肉に味を似せたとされることから「がんもどき」だという説である。
 また、がんもどきを飛竜頭(ひりゅうず、ひりうず、ひろうす、ひりょうず)と呼ぶこともあるようです。 呼び方もいろいろあります。地域性ですかね。 私は、「がんも」で覚えましたが。 時に、鹿児島出身の言葉は、田舎扱いされるので、これまた標準語でないと思い、控えめにしていましたが、「がんも」でもOKですね。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック