運動習慣と食事の工夫で、体脂肪を8%以下にコントロールする取り組みの伝授です。

 体脂肪8%以下の体調管理は、この年66歳で上手くこなすには、運動習慣と食事(含む飲酒)の工夫の両面からコントロールする必要がある。
 本年の年度目標に 『年間を通して、体脂肪 8%以下 の体質を維持する』 ことを掲げて、取り組んでいますが、 バイリズム的な波があり、常時8%以下を保つには、アスリート並みの筋肉量が要る! ということが分かって、筋肉増強の筋トレも行っていますが、老いていく体に鞭打っての筋トレですので、思うようにいきません。
 理想は、脂肪を燃やす筋肉量を確保して、美味しいものを我慢せずに食べても、エネルギー消費させて、余分な脂肪を着けないことです。 また、お酒を飲むと食べる量も増えるので、太りやすい。 適量のお酒は、健康にも良い、特にメンタル面でリラックスできる。 しかし、度が過ぎると健康を害するので、程々の飲酒習慣を心がけています。
 11月に入って、残り少ない時期に目標未達では情けない! もがきながら努力を重ねて、朝ランの1時間の運動習慣をベースに、それに見合った食事量を工夫することにして、どうにか8%以下の体脂肪を海保出来ています。 従来からの栄養バランスの取れた食生活から、炭水化物(ご飯)を減らして、タンパク質リッチに野菜を増やすメニューにしてから、体脂肪が約1%減りました。 ご飯の量を、昼は半分に減らした。 昼のご飯は、例えば200gのチャーハンだけの献立から、 チャーハンは半分の100gにして、肉・魚を食べる。 夜のご飯は、茶碗3分2だったのを、半分にした。 継続的な効果を出すには、とにかく、家族の協力が要ります。
 取り組みだしてから、直ぐに効果が出ました。一度に1%減るということはなく、1日で0.1~0.2%のペースで減少するといったものです。 朝ランの運動と家の中での軽ランが前提ですし、朝食は、朝ラン後で、しっかりと食べまています。 風呂上がりの体重計計測のデータを見て、翌日の運動と食事のコントロールに反映させる繰り返しです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック