休日はたっぷりと寝だめ習慣の人は、心筋梗塞や脳卒中の恐れ!と言われたら、どうします!?

 12月4日のMSNニュースのビジネスジャーナルで 健康に関する重大な記事があった。
  「休日に寝だめ」 は危険で絶対NG! 心筋梗塞や脳卒中の恐れ  寝不足のほうが健康的! という見出しの記事です。 要点を、簡単に紹介します。
 11月18日、アメリカの学術誌「Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism」オンライン版に、「『習慣的な睡眠』を変化させると、心血管疾患や糖尿病などの長期的な健康問題を喚起する恐れがある」という研究結果が発表された。
 新潟大学名誉教授の岡田正彦氏のコメント付きで解説され、 非常に興味深いものです。
 「昔から、健康の維持には『恒常性』が大切だといわれてきました。人間は、体内環境を一定に維持して初めて、健康が保てるようにできているということです。そして、そのためには、環境や習慣、日々の生活リズムが一定でなければなりません。
 健康のためには睡眠や食事などの生活リズムを毎日一定に保つことが大切であり、たとえ休日でも、ダラダラ寝過ごしてはいけないということです。いわゆる『寝だめ』も、無意味どころか逆効果だったということですね」(岡田氏)
 多忙なビジネスパーソンにとって、休日の朝ぐらいはまどろみの中で過ごしたいものだ。しかし、その誘惑を断ち切り、目が覚めたらサッと起きることこそが、健康への近道のようだ。 と記者も結んでいる。

 私は、平塚から東京に通っていた時分、朝早くの出社から、夜遅い帰りの平日だったが、土日の休日でも、同様に早起きして、ランニングをしていました。 二日酔いの時は別として、睡眠時間と朝起きる時間は生活のリズムの基幹をなすものであり、平日も土日も同じ生活リズムで過ごすことで、健康が維持できていたとうなづいています。 以前に、元気の秘訣を列挙しました。 元気の源の根底に、生活リズムが一定である! ということをあらためて確認できました。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック