円形脱毛症が免疫機能の疾患で起こる病気!? いかに日常生活を基本から整えるかが大事です!

 花粉症などアレルギー疾患は、免疫の異常で起こる病気ですが、意外な「円形脱毛症」も同じ免疫機能の疾患で起こる病気だと知り、驚きです。
 「円形脱毛症」とは、文字通り、頭に突然出来る円形状の脱毛現象です。いわゆる円形のハゲです。発症の原因と思われがちなストレスをきっかけに過ぎなく、体質も関係しているようで、性別や年齢を問わず発症する。 自然に治る場合もあるが、再発しやすいので、早めの治療が必要です。治療が早ければ、また髪の毛が生えてくる可能性も高い。 
 円形脱毛症を発症しやすい体質の人とは、「アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー疾患のある人、他の自己免疫疾患にかかっている人がなりやすい」 ということなので、抗アレルギー薬を服用するなど専門的な治療が必要です。
 円形脱毛症の起こる一般的な仕組みは、Tリンパ球が毛根を攻撃して、炎症が起きて髪の毛が抜ける。攻撃が続くと新しい毛が生えない。
 引き金になるのはストレスのほかにインフルエンザなどのウイルス感染による高熱、疲労など。思い当たる出来事も無く発症する人もいて、仕組みは良く分かっていない。
 発症した人にとっては深刻なことであり、人目を避けて家に閉じこもりがちになったりする。早めの皮膚科の診断が必要です。
 とにかく免疫機能を正常に保つことの大事さを痛感させられる! ごく当たり前のバランスの良い食事、規則正しい生活を心がけることです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック