囲碁の天才に学ぶメンタル面の凄さ!26歳の若さで飛躍し続ける原動力をみならいたい!

 井山祐太棋士(26歳)、囲碁界史上初の七冠達成者(棋聖・名人・本因坊・王座・天元・碁聖・十段)のNHK密着取材のテレビ放送を見ていて、囲碁の技のスゴサもあるが、メンタル面のスゴサに感激した!
 私は、ど素人囲碁で、マージャンのメンバー揃い待ちの時間で、時間つぶし的に遊んでいたが、1~2時間が限度のものでした。 プロの棋士戦は、なんと18時間も連続して闘う! スゴイ精神力が、体力が、要る! ジッと座っての姿勢を長時間続ける体力には驚きです。 ランニングで4~5時間走るよりも、ツライ正座姿勢だと感じた!
 囲碁は、トップクラスでは、対局の相手の打ち方=性格を見抜くメンタル戦を制した方が有利な展開となる。 如何に自分を信じ切れるか!がポイントと井山プロも言う。 自分の打つ手が正しい!と信じて打つところに大胆な手が打てるのである。相手の気迫に押された時は、相手ペースとなり=負けである。
 このメンタル面の強さを磨くには、日頃の訓練で基礎的なことをマスターすることである。定石を知った上で、新たな展開を目指す一手が生まれるのである。 また、常に感性を磨く鍛錬を行っている。井山道場には。たくさんのアマチュアが集う。その中で子供とも対戦する。定石にとらわれない一手に感性を磨いていた。
 私も、健康を維持し続ける秘訣は、新たな事への挑戦も大事であると認識している。 自分の知らない世界がたくさんある。 自分流の思い込み方式に満足しないで、いろいろとチャレンジしていきたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック