お口の中や両端に唇に出来る炎症は同じようだが違うのかな!?体が疲れていると出やすい!?

口の中や周辺に出来る炎症は、突然できるが何が原因か? 症状ごとに出来る部位ごとに異なるのか?口内フローラだけでなく、体全体の免疫機能も関係しているようです。バランスの取れた栄養摂取も大事です。 以下はウィキペディアの情報です。
 口内炎(こうないえん)とは、口の中や舌の粘膜に起きる炎症の総称である。
 口内炎になりやすい体質の人(食物アレルギーの人や粘膜の薄い人)もいる。さらに、ビタミン欠乏症の症状として口内炎が現れることもある。なお、口内炎の原因として「食べ物の好き嫌いが多い」「胃腸粘膜が荒れている」という説があるが、正確には分かっていない。免疫学的異常が関わっているのではないかという説もある。

画像

口角炎(こうかくえん)は、口角つまり唇の両端に炎症を生じ、亀裂や腫れができる皮膚疾患である。疼痛を伴い、特に口を開けると痛い。 真菌(主にカンディダと呼ばれる真菌類)が皮膚を刺激してかぶれを生じるのが主因と考えられている。誘因として最も重要なのが、ビタミン欠乏(B2・B6)である。また、ステロイド剤などの薬剤の濫用が誘因になることもある。真菌(ガンジダ)は口内の常在菌で、健康な人体は免疫により過度の増殖を防いでいるが、体調の悪化などで免疫力が落ちると繁殖して口角炎を起こすことがある。
画像

口唇ヘルペス(単純疱疹(たんじゅんほうしん)の一種)
 単純ヘルペスウイルスが原因。風邪やストレスや心労、老齢、抗がん剤治療・日光等の刺激によって、ウイルスが増殖して症状を繰り返す。ウイルス自体は弱いため、感染による症状が起こっても免疫による排除が行えないため繰り返すとされる。成人の約7割がこのウイルスに感染している。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック