非常に痛いこむら返り!夜中に襲われる危険も!どうすれば完全解消出来るのか!?

 人間の体は水分が60%(大人)を占めており、発汗等で失う水分量は1日2500ccである。 水分補給(1日2500cc)と合わせた塩分補給(1日10g必要)を心掛けている。 事後の補給よりも事前の補給で、こむら返りの発生防止など、常に体をいたわる心掛けが大事です。
 こむら返りの原因が、脱水症状でしかも塩分不足ということを知り、ランニングなど汗をかくと解っている時は事前に「水分+塩分」の補給を行ってから、ランニングを始めます。 夏場は、睡眠中の発汗や小便で失う体液も意外と多い。睡眠中でも特に朝方にこむら返りが起こりやすい。 この症状も脱水症状・塩分不足からくる熱中症です。また、30分間半身浴でも約1kgの発汗があるので、入浴前の「水分+塩分」の補給を行います。 入浴前後の体重を見ていると補給すべき必要量も把握できる。 入浴後=睡眠前の「水分+塩分」補給も行うようにしている。
 以前に、こむら返りはふくらはぎの筋肉が固くなっていると起こりやすい!と思っていたが、運動による疲労=脱水症状であり、ストレッチを行っても、脱水症状は解決できないので、「水分+塩分」補給を行わない限り、夜中にこむら返りが起こる! 自身でも何回も体験したことです。 
 今では、「水分+塩分」補給の習慣化で、こむら返りも出ないし、足の指の引き攣りも出ない! 
塩分補給というと、血圧が上がるのでは心配になるが、私の場合は、食事も家族の協力で減塩が出来ているので、野菜もそのままで食べるので、むしろ1日10gの塩分補給が出来ていなかったようである。 塩分不足であったと思う。 また、塩分は1日10g以下に抑えねばならないと思い込んでいたが、今にしてこれが間違いであることに気づいた。血圧上昇の心配もあるので、血圧測定で問題の無いことを繰り返し確認している。
 水分補給を1日3000cc行うようにし出した当初、今までに無い小便のモヨオシ頻発で、小出しせざるを得ない。ランニングも1時間で我慢できなくなる日々が続いた。 これは危険な脱水症状を招く手前であったと解り、小便を小出しで頻繁に行うこと自体が異常(=塩分不足)だと解った。 事前に「水分+塩分」補給を行うようになって、全く尿意も出なくなった。これは、体の細胞は一定の浸透圧を保つ(=塩分濃度を一定に保つ)作用があり、水分が多くなると排出させる訳です。またランニングで発汗して失う体液(水分+塩分などミネラル)があるので、脱水症状=熱中症が発生する訳です。マラソンで後半に足がヒキツル!など脱水症状=熱中症です! スプレー冷却でなく、塩分に水分の補給です。フルマラソンで失う塩分は約3gです。 従って、3gの事前補給を行っても良いのですが、3gはキツイですので、水分だけでなく、塩分も2g事前補給に途中補給1gなどのアレンジをすると良いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ひまわり
2016年08月04日 06:58
何だか、こわいですね~こむら返し~!! 私はなった事が無いんですけど痛みは、暫く続くんですか~??ひどくなれば、病院行きとかって??? 何だか本当、こわいですね~!!

この記事へのトラックバック