今では違和感なく相模川の土手沿いの景観に慣れ親しんでいる相模縦貫道路です。緑濃い河川敷にマッチ。

 圏央道(さがみ縦貫道路)が2014年6月に開通して2年経つが交通量も増えてきた。相模川沿いに走る道路の景観も、今では違和感も無くなった。 相模川河川敷も緑濃くグランドの活用やゴルフ練習場のオープンなど賑わっている。高速道路からの眺めも素晴らしいが、下から眺める高速道路の延々と連なっている姿も素敵です。 朝ランで相模川土手を走るので、見慣れた高速道路の光景だが、日中に写真に撮ったものです。 延々と続く高速道路の雰囲気に編集しました。
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック