台風の当たり年も異常気象によるものなのか? ラニャーニャ現象発生の兆しなのか!?

 昨日は台風一過となると思ったら、意外と雲が多い天気で富士山は見ることが出来なかった。台風崩れの南岸低気圧の通過で富士山はどうであったか?初冠雪を期待したのだが・・・分からない。
 今晩には、また天気が崩れるという秋雨前線の停滞が続く。梅雨の時よりも雨が覆いにでは多いのでは!?今回の台風の秋雨前線刺激で、平年9月分の雨が一日で降ったところもある。大雨での浸水や土砂災害の発生などこんなのは初めて!!という被害に遭遇した人たちの言葉を聞く。今年の気圧配置は、台風の通り道であり、日本近海での台風発生もあって、台風の当たり年になっている。 なんでも、ラニャーニャ現象が起こる前は、台風発生の場所が例年と異なり、より日本近海に近づくという専門家の話もある。 今度は、ラニャーニャ現象が発生するという兆しか!?
 どうなる異常気象の行方は? 専門家も大胆な予測を出して欲しいものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック