本当に牛乳で下痢する!?ヨーグルトで下痢する!?信じられない事実が解かり体作りの根底から見直しです。

 水の飲み過ぎで下痢が起こるとは!? ・・・ 過去、何十年もの間、そんなこととは知らずに、ペットボトル500ccのがぶ飲みで当たり前でこなしてきた。 その時に、下痢したようなことは覚えていない。 牛乳も200~1,000ccをがぶ飲みして、お腹グルグルが出やすい!ので、コップ1杯を温めて飲むとかしてきた。だから、牛乳は体に合わないが、カルシウムを摂るために、多少のグルグルも止む無しと考えていた。結局、牛乳も水分が88%であり、がぶ飲みは水の消化不良の下痢も起こるというものです。本当に、牛乳の水以外の成分で下痢を起こしていたのか怪しい!と今にして思う。
 過去には、朝一の排便習慣のためには、起きて水を飲むというスタイル。なかなかでない時は、多量に(ペットボトル1本=500cc)飲むというものです。硬い便が最初に出るが、しばらくして柔らか便(下痢気味)が2~3回出る。これを確認してからでないと、外出もままならない。登山の時でも、この時間を逆算して、起床時間を設定。当然、睡眠時間も同様に設定して、登山計画を組んでいた。出発前に全てを出していくというものでした。百名山の登山中はトラブルもなかったが、まだ体力もあったということです。今ではそんなことをしたら、胃腸の具合が悪くなり、一日中下痢気味で、外出も出来ないツラさを味わうことになる!!
 また、野菜や果物のシュウ酸をカルシウムで対外結合させて排出させるという考えで、毎食後にヨーグルトを食べてきた。最近になって、お腹グルグルの犯人がヨーグルトだと決め込み、ヨーグルト中止!水の朝一のコップ3~4杯一気飲みは継続しているから、お腹グルグルは止まらない。今年の夏場の朝ランで、水分の事前補給をかなり意識して5杯(=1000cc)も飲んでから出発しての大下痢発生!までは、お腹グルグル程度であった。
 私たちの体のメインの成分である水が、こんなにまで繊細に飲み方に気を付けねばならぬとは!健康管理の源であるので、朝一の水1杯に始まる体調管理、中止してきたヨーグルトなど乳製品の食生活を見直ししていきたい。 過去のブログ内容も見直し・修正・追記する必要がある。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック