健康管理の総合的な見直しを企画中です。健康寿命の設定を具体化することが重要なポイントである。

 健康管理について、総合的な見直しを実施中です。管理手法を用いて、PDCAのサイクルを回しながらレベルアップを図っていきたい。 先ずは、目的の明確化です。何のためにやるのか?健康管理の健康とは?どんな定義か?単純には、例えば健康寿命を○○才として、持ち前の「いつまでも元気」を具体的な年齢と健康状態を定義することです。単なる願望でなく、強い意志を働かせて目的達成のために、PDCAのサイクルを回し続けるのです。
 2016年で100歳越えの長寿者が6.5万人(男性は8千人と少ない)に増えている状況下、健康寿命についてのデータは2013年だが、男性が71.19歳と意外と低いのです。もっと、健康寿命を伸ばす努力が求められるのです。神奈川県も健康寿命を伸ばすことに注目しており、未病対策の促進を行っている。
 私も、家族の世話にならずに自立した生活が出来るように、健康寿命の意味の明確化を行いたい。目的(計画:P)の目標展開を行う必要がある。今まで取り組んできたことを踏まえながら、企画検討中です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック