睡眠の質を高める努力は、年を取るほどに自分なりの工夫を加えていきたいものです。

 睡眠の質を高めたい!年を取るにつれ睡眠時間も減っていくので、就寝時間を増やすよりも、睡眠の質を良くすることにポイントをおきたい。また、仕事で忙しい人も、短時間で疲労回復を図りたいものです。
 睡眠の質の向上を図るには、各個人ごとに適した内容が求めれるが、先ずは、一般論からです。私個人の取り組みも交えながら整理したい。

 質の良い睡眠を得るためのポイントは一般的に以下の5つが言われる。
① 夜眠って朝目覚めるリズムを作ることです。これは、脳から分泌されるホルモンの1つであるメラトニンの働きをコントロールさせるもので、朝起きて朝日を浴びて、メラトニンの分泌を抑える。そして、14~16時間後に再び分泌されて眠気を誘うのです。
 これが、毎日の事ですから、一日中の生活リズムに関係してくる非常に大事なのだが、最も難しい!メラトニンがどうなっているのか見えないし、全く分からないので、何をしていいのか不明確です。寝るタイミングと起きるタイミングを決めて、食事の時間、風呂の時間等々設定するのですが、毎日同じようにはいかない時にリズムの乱れが起こる。
② 就寝1時間前までにぬるめのお湯で入浴することです。熱いお湯での入浴は、交感神経を刺激して眠りを妨げるため、避けた方が良い。ぬるめの半身浴でじっくりと体の芯まで温めるのが良い。
③ 食事を眠る前、2時間までに済ませることです。入眠直前の食事を避けることで、肥満防止や生活習慣病の予防にもなる。
④ 寝る前にゲームやネットをしないことです。夢中になって脳を刺激すると寝れなくなる。脳をリラックスさせることで眠気を誘うのです。
⑤ 休日に寝溜めをしないことです。①のリズムを平日も休日も同じように保つのです。また、寝だめ効果は全くなく、逆に、リズムを乱すので、体調不良を起こす原因ともなる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック