名前も曖昧なままで長年育ててきた植木だが、立派にピンク色に咲き誇っている

 長年育ててきた植木だが、鉢の底から根を出すので、場所を変えながら、あまり可愛がらずに扱ってきた。今年はかなり成長して、ピンクの可愛い花をたくさん咲かせた。買ったときは、常緑低木として、生垣としてよく栽培される「ゲンペイボク?」と曖昧に聞いていた。調べても、名前が違う!図鑑で調べたら、花や葉の特徴から、ハクチョウゲ(白丁花)と分かった。
 ハクチョウゲは、常緑低木として、低生垣や庭木としてよく栽培される。強い刈り込みにも良く耐え、細かい枝が容易に分岐し、病虫害にも耐性がある。また、造園での修景用緑化灌木・盆栽・園芸などで扱われる。花期は5~7月。
 今年のピンク色の小さな花がたくさん開花した状況です。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック