甘酒について説明できますか?造り方は?効用は?

 甘酒には、製法別に2種類ある。「米こうじと米」を発酵せて造る甘酒に、「酒粕を原料」として造るタイプです。お勧めは当然アルコール無しの米こうじと米で造る発酵タイプです。酒粕で造るタイプは、微量の残存アルコールがあるので注意が要るし、酒を造った発酵済みの酒粕に砂糖を加える製法です。
 甘酒の起源はなんと古墳時代にまで遡り、『日本書紀』に甘酒の起源とされる天甜酒(あまのたむざけ)に関する記述がある。正月には、寺社で甘酒の振る舞いにお世話になりますね。江戸時代には夏バテ防止の庶民の栄養源でもあった。甘酒には、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、食物繊維、オリゴ糖や、システイン、アルギニン、グルタミンなどのアミノ酸、そして大量のブドウ糖が含まれている。これらの栄養はいわゆる栄養剤としての点滴とほぼ同じ内容であることから、「飲む点滴」と称されることもある。
 体の中から、腸内フローラを整えてくれる優れモノの発酵食品で、美肌効果にも注目が集まる甘酒の効用です。そんな甘酒のブーム再来に乗って、私も昼のおやつ時に毎日飲んでいる。いろんな甘酒が出回っているが、これはスゴイ!と驚くのが、お酒の八海山で有名な新潟南魚沼市の八海醸造(株)が造っている麹だけで造った『あまさけ』です。麹だけというのが特徴です。非常に濃い味です。人気が高く売り切れが多い。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック