「シソ」と「大葉」の使い分けは?あなたはどっちですか?意外な事実が判明!?

 ウルトラCの語源の話を調べていたら、「シソ」と「大葉」の使い分けは? 意外な事実が判明!?
 大葉とは? シソの葉のことだが、百科事典の項目には載っていないらしい。それはいったいどういうことか?
 シソには、葉の色で赤ジソ・青ジソに大別される。大葉とは青ジソのことだが・・・確かに「大葉」で調べてもシソを引用となる。どういうことか?
 答えは、「大葉」とは、「青ジソの葉を束ねたものにつけられた名称」 ということだった。つまり、”商品名”だった、と言うこと。静岡県のある”ツマ”物生産組合が”束ねた青大葉ジソ”に「オオバ」の名前をつけて出荷したの初めだったらしい。以来「束ねた青ジソ=オオバ」という商品名が定着したようです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック