睡眠環境を整備する基準は?先ずは敷布団をどうするか?

 快適睡眠の寝具等の環境整備を説明したが、睡眠の姿勢も豪快に大の字に寝ればよいというものでない。寝ている時の姿勢も、立ち姿と同じにすることが望ましいのだが、それは仰向けの状態でチェック出来る。背筋のS字カーブを保つことで腰や背中などに架かる荷重を分散させたい。同じ個所が長く接していると血流不良を招くので、シビレなど異常が出る。適切な寝返りが大事である。寝返りの度に目覚めるのは、無理な力が要る時です。寝ていても楽に寝返りが打てる布団だと睡眠障害を起こさずに深い眠りを保てる。敷布団は固い程寝返りがし易いが、反面S字カーブを保持しにくいので、体を均一荷重で受け止めて、かつ反発性が高い工夫が要る。
 以上のように、敷布団には、荷重分散性に、寝返りの打ち易さ、そして通気性が必要である。好みで寝具を選ぶにも、こういった機能性をクリアしているかをチェックするようにしたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック