食物繊維を食べ物のカスと思っていませんか?食物繊維が不足すると体調を崩す!

 食物繊維が体のメンテナンスの味方であることを知っていましたか? 
 食物繊維は炭水化物のうちの多糖類に属するが、人の消化酵素によって消化されなくて腸を通って排出される。一見、食物繊維は食べ物のカスのようなイメージだが、腸内環境では非常に大事な役目をする。栄養不足とは無縁そうな現代でも、実は食物繊維は不足しがち。腸内環境を整えてくれる食物繊維は、腸内細菌のエサとなって腸内フローラを整える。腸内フローラが、体づくりや体重コントロール、様々な病気の予防にもなるのです。食物繊維は野菜だけではなく、ご飯から上手に摂ることもできる。毎日の便通がある人は食物繊維が足りていると言えると、不定期だったり、便秘気味だったりだと食物繊維が足りていないということです。
 最近の研究で、肥満防止、コレステロール上昇抑止、血糖値上昇抑制、水素ガスの産生と抗酸化作用、排便促進、ダイオキシン類の排出と様々な効果があるのが判ってきた。
 もちろん、食と健康管理は重要なことであり、栄養バランスの取れた3度の食事を摂るのが大前提です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック