骨のスゴサを知ったら、しっかり運動します!

 体の若さを保つ秘訣は? 運動です! 睡眠です! 美味しい食べ物です! 特性ジュースです! 保湿クリームです! コエンザイムQ10です! 等々 いろいろとご意見があると思います。それは、体の部分的な特徴を指して言っているケースが多い。肌にハリがある!艶がある!・・・・
 ところで、あなたの骨年齢は何歳? ・・・・ 答えられないのが通常です。
 私は2011年(62歳)に、インボディ測定の機会を得て、骨密度を測定した。結果は、「A~Eの5段階評価のDで、骨密度が低い!」。体脂肪も自称8%でしたが、10%越えで筋肉不足!の判定(下半身の筋肉はOKだが、上半身が少ない!)。週末に100名山をチャレンジしている最中で、足腰の筋肉だけが良かったというもの。それから意識的にカルシウム摂取、上半身筋トレと取り組んできた。ところが、今回、NHKスペシャル「骨」を見て、残念ながら、骨密度を上げる対策は間違っていたことに気付いたが、結果的には、OKでした♪
 どういうことかいうと、体の若さを保つ秘訣のおおもとは、骨にあるということです。年寄りが骨折をして寝た切りになり、体は老化衰弱していく。特に女性に骨折が多い。骨折の原因は骨密度の低下!スカスカの骨!疲労骨折! こうなってからでは対策が困難なので、早い内から、対策したい! 骨の持つ若返りパワーを引き出すことです!
 難しいことでは無い。簡単です。骨に衝撃を与えるのです。歩く、走る、ジャンプする。骨の内部の骨細胞に衝撃の刺激を与えることで、骨芽細胞に骨を作らせるだけでなく、骨がメッセージ物質を出す。そのメッセージ物質が働きかける先が、若さの源の4つの力「記憶力」「免疫力」「筋力」「精力」を増強させるのです!骨のもとのカルシウム摂取も大事ですが、骨を作り出すメッセージ物質がもっと大事ということです。さぁ~体の中から若返りをさせよう!
 座ってばかりいる人は、骨の老化が進行している!キケンです!出来るだけ立って、歩いて、階段を上り下りして、骨に衝撃を与える努力をしましょう!人類の体の基本設計は、狩猟民族(走る・獲物を追う)のようです。
 また、自転車の運動も座っている事と同じなので、自転車ばっかりでなく、歩く・走る運動も取り入れたいですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック