ブロッコリーは日本でも米国でも愛されている野菜です。栄養価も高い。

 ブロッコリーは、冬場の野菜として重宝される。私も、トマト特性ジュースにブロッコリーの茎も加えている。
 ブロッコリーは、アブラナ科の緑黄色野菜。花を食用とするキャベツの一種がイタリアで品種改良され現在の姿になったとされる。緑色のブロッコリーに対して、白いカリフラワーはブロッコリーの変種である。ブロッコリーは緑色の花蕾と茎を食用とする。ビタミンB、ビタミンC、カロテンや鉄分を豊富に含む。日本ではゆでてマヨネーズなどの調味料をつけて食べることが多いが、欧米ではサラダなどで生食されることも少なくない。スープやシチューの具、炒め物、天ぷら、糠漬け(主に茎)にすることもある。カイワレダイコンと同様にスプラウトとして食用にする。一般には、ブロッコリースプラウトと呼ばれる。
 アメリカ合衆国では健康の象徴として親しまれる一方、子供の頃に無理矢理食べさせられた記憶を思い出させる野菜として語られる。最近の日本でも同様のことがあるのでは!?
 ブロッコリーの新成分として、注目されているブロリコとは? 東京大学とイマジン・グローバル・ケア社が共同研究している。特許もある。ブロリコは、人の免疫力を大きく高めることが実証され、免疫学の世界的権威や医療業界から注目されています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック